商品先物取引、カラスが鳴くから...

アクセスカウンタ

zoom RSS 9月14日(金)

<<   作成日時 : 2007/09/14 20:18   >>

トラックバック 0 / コメント 0

9月14日(金)、収支−21706

限月注意、製品B月限、原料A月限
GB高値62570、安値62110、差460、前日比→2番6番高?期近高の期先安?
HB高値64860、安値64240、差620、前日比→6番高?期近高の期先安?
CA高値51320、安値50980、差340、前日比→1番高?期近安の期先高?
GB−CAのサヤ前日11410→11090、縮小320
HB−CAのサヤ前日13600→13330、縮小270

限月注意、製品A月限、原料@月限
GA高値61460、安値60870、差590、前日比→2番6番高?期近高の期先安?
HA高値66280、安値65720、差560、前日比→6番高?期近高の期先安?
C@高値51650、安値51280、差370、前日比→1番高?期近安の期先高?
GA−C@のサヤ前日9850→9540、縮小310
HA−C@のサヤ前日14660→14390、縮小270

限月注意、製品@月限、原料K月限
G@高値60490、安値60100、差390、前日比→2番6番高?期近高の期先安?
H@高値66480、安値65880、差600、前日比→6番高?期近高の期先安?
CK高値52050、安値51770、差280、前日比→1番高?期近安の期先高?
G@−CKのサヤ前日8410→8300、縮小110
H@−CKのサヤ前日14290→14080、縮小210


・売買 カッコ内は過去の値洗い瞬間?(最大値、最小値)
損切りスルスルデイトレード
15:27B09:11GB買1枚62450の仕切売1枚62220 −11998(6000、−17000)
15:27B09:58GB買1枚62400の仕切売1枚62220 −9498(4000、−14000)
損切りイヤイヤスイングトレード
仕切りなし

新規建玉の買い注文を62390のストップ注文で入れたら62450で出来て、いつも通り?注文はいつものことだよ髭の先?足の先?上昇も止まってしまう私の注文?買いが出来れば値が下がり?。09:11に180幅も動いた。これも私の注文の影響か?注文状況がよく見えている?どうなのだろう。ストップ注文を入れていると、こういった手口にやられるというよい見本?だろう。って、たまたまこうなっただけ?しかし、ストップ注文は必要だ。ある値段になってから手動で成行注文を入れるよりはストップ注文を入れておいた方が多少は早いのだろう。仮に、注文を出してあるが待機している状態?その状態が丸見えになっていた場合、今日の寄付き30分みたいなことを資金力をつかって簡単に出来てしまうのだろうといったことが考え付くが実際に丸見えになっているのだろうか?どうなのだろう。この時の下げでは仕切らなかったけど...。???そういえばストップ注文ではなく、有利、不利の不利で指定したな。ってことは、指定値段になるまでブローカーのサーバーで止まっていたということか?ってことは、見えていなかったということか?。???注文が来た時点で見えるということか?どうなのだろう。

後場、62400で少し揉み合い、62440を突付いて下げた。ここでカモが買っているぞ、ここから上に行くとカモに利が乗るぞっというサインなのだろうか?どうなのだろう。
デイトレード、やればやるほど損をする?ただ下手なだけ。
上げるも下げるも資金力しだい、それがデイトレード?
離脱?がうまく出来ていない。

やはり自動でトレイリングストップか?
上に逃げたら上に追い詰め、下に逃げたら下に追い詰め、追い詰められて向かってきたところを捕まえること。
仕掛けて利益が減り始めたら、利益が乗って利益が減り始めたら、減った分は切捨てと考えて仕切ること。
ジメジメの切捨てごめんで仕切ること。

どこまで利益が増えたのか?その利益が今現在どこまで減ったのか?その差額はどれくらいなのか?建玉を表計算ソフトに入力し、DDEで現在値を得て、自動で計算するようにすべきか?今現在の値洗いは表計算ソフトで表示するようにしてあるが、やはり仕切れない。赤くなっていても仕切れない、ただ見ているだけ。タイミングの問題か?やる気の問題か?あとは建玉ごとの利益の最大値がどこまで増えたのかを表示出来るようになればよいのだが循環参照?の問題を解決しないといけないってことはマクロを使わなきゃだめってことか。???途中から仕掛けた場合は循環参照が問題になるが、寄付き近辺で仕掛けたのなら、高値、安値をそのまま引っ張ってくれば良かったってところか?。
値洗い瞬間最大値に比べ、値洗い瞬間最小値の方が絶対値が大きい。ってことは、仕掛けが悪かったのに利が乗るだろうと思い込んで、利が乗るのを待っていたが、利が乗らなかったということだ。利が乗らないだけではなく、瞬間的に乗った利益以上のマイナスになっている。ハズレたということだ。リスクのとり過ぎ?時間をかければ利が乗ることもある。しかし、デイトレードには、時間の制約がある。その時間の中でけり?かた?をつけなければいけない。仕掛けが悪かった場合に瞬間最小値の絶対値を瞬間最大値の半分もしくは同額までリスクをとって、そこを超えたら仕切るというのも一つの方法だろう。ってことは、値洗い瞬間最大値が必要になってくる。ってことは、マクロか?

セルA1とA2を比較して大きい方をA1に入れる。セルA2とセルA3を比較して小さい方をA3に入れる。マクロなら簡単?だが、セルの関数でやることはやはり無理か?循環参照の問題。

本や紙でチャートを追い詰め、追い詰められ、反転して、本や紙に隠れたら仕切るようにしてみるか?これなら追い詰めている実感がわく?それに、向かってきてチャートが見えなくなれば、その恐怖心で仕切れるようになる?どうなのだろう。でも結局、チャートが見えなくなっても、ずるをして見るようになるのだろうな。本や紙の変わりに付箋でもよさそうだな。来週からやってみるか?でも結局仕切れないのだろうな。???重い本でやるべきか?支えている腕が疲れるので、さっさと仕切っちゃえと仕切りやすくなるか?ならんだろうな。本を置いてしまうのだろうな。で、いつもの、ただただ見ているだけ?になりそうだ。大きな付箋を買ってこなければいけないようだな。ただし、追い詰めるという動作を、紙を使って実感してみることが大切なのかもしれない?どうなのだろう。

今の私には、し・こ・せ・き・だん、の、規律の厳守が求められているということか。←何かを思い出せたかな?
自覚、充実、遂行、厳守、強化ってところか。

どうやら3連休だったようだな。考える時間が増えたというところか。


前場
80下げの62310で寄付き。62310、62260、62260。
09:10、寄付き 1分足幅50、陰線、1本目陰線
09:11、寄付き 2分足幅190、陽線、2本目陽線。1分足上抜け140、62450
09:11、(上げ開始)
09:12、寄付き 3分足幅190、陽線、3本目陰線
09:13、寄付き 4分足幅190、陽線、4本目陽線
09:14、寄付き 5分足幅290、陽線、5本目陽線。4分足上抜け100、62550
09:16、310揉み上げ、62570。(上げ止め310)(揉み下がり開始)
09:19、寄付き10分足幅310、陽線、
09:29、寄付き30分足幅310、陽線
09:49、390揉み下げ、62160
10:06、310もみ上げ、62470
10:11、150下げ、62320
10:24、160揉んで上げ、62480
10:47、360揉み下げ、62120
10:59、300揉んで上げ、62420
11:00、62420で前場終了。
3分足、雲の上から雲に入り、雲の上に出たり入ったりし、雲の下に出た後、雲の上に出て終了。
5分足、雲の上から雲に入り、雲の下に出た後、雲の上に出た。
1月限
240分足、上抜け雲の中。下げ、雲の上端側で終了。
週足、陽線。上抜け雲を上抜けている。上髭150、下髭730。


後場
62380で寄付き。62380、62340、62350。
12:40、寄付き 1分足幅40、陰線、1本目陰線
12:41、寄付き 2分足幅40、陰線、2本目陰線
12:42、寄付き 3分足幅60、陰線、3本目陽線。2分足下抜け20、62320
12:43、寄付き 4分足幅60、陰線、4本目陰線
12:44、寄付き 5分足幅60、陰線、5本目十字
12:46、110下げ、62270
12:49、寄付き10分足幅110、陰線
12:59、寄付き30分足幅150、
13:03、170揉み上げ、62440
15:13、330揉み下がり、62110。(揉み下がり止め460)
15:22、200上げ、62310
15:30、170下げ、62140で後場終了。
3分足、雲の下に行って、上に行って、下に行って終了。
5分足、雲の上から雲の下に行った。
10分足、雲の上から雲に入った。雲の中で終了。
1月限
240分足、上抜け雲の中、下げ、上端側で終了
週足、陽線。上抜け雲を上に上抜けた。上髭430、下髭730

・1分足エッジとレンジ、1本目の幅50、1本目と7本目の幅310
前場1本目
1本目を2本目が上抜け、7本目がエッジになり下げていった。
後場1本目
1本目を3本目が下抜け、7本目がエッジになり上げ、14本目が1本目を上抜け、24本目がエッジになり下げて行った。

ガソリンのエッジからエッジへの動きは09:16頃から下げ

・ガソリン先限の高安時間
09:16、62570、前場高値・
10:47、62120、前場安値
11:00、62420、前場引値
12:40、62380、後場寄付
13:03、62440、後場高値
15:13、62110、後場安値


朝の外電10年物米国債利回りは0.05%上昇の4.47%
朝の外電30年物米国債利回りは0.05%上昇の4.74%


収支
15:27B09:11GB買1枚62450の仕切売1枚62220 −11998
15:27B09:58GB買1枚62400の仕切売1枚62220 −9498
合計、−21706・



朝、06:40現在
@23度、、、窓を開け、網戸にしたときの窓際の温度
A24.3度、窓からの距離約2m、高さ約1.4mの室内温度
B28.9度、パソコンの排気温度
C71%、、、窓からの距離約1m、高さ約0.9mの室内湿度

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
9月14日(金) 商品先物取引、カラスが鳴くから.../BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる